法律トラブル相談集

その他

2018年12月1日より本放送が始まる「新4K8K衛星放送」について、管理組合としてどのような対応が必要でしょうか。

answer

 「新4K8K衛星放送」とは、従来のハイビジョン放送に比べ、より高精細で美しい映像を視聴することができる、新しい衛星放送のことを指します。
 マンションなどの集合住宅において「新4K8K衛星放送」を視聴するためには、「新4K8K衛星放送」の視聴に対応したパラボラアンテナ、ブースター、壁面端子への取り換えなど、共用部分の改修工事が必要となることがあります。ブースターや壁面端子を取り換えずにパラボラアンテナだけを施工した場合には、電波が外部に漏れだし、無線Wi-Fiの利用ができなくなるなどの通信障害がマンション内で生じる恐れがあるために、注意が必要です。
 ケーブルテレビで受信する場合は、ケーブルテレビ設備の改修工事等が必要となることがあるため、事前に管理会社、または、ケーブルテレビ事業者に確認された方がよいでしょう。
 なお、「新4K8K衛星放送」の本放送が始まっても、現在の地上デジタル放送、BS放送、110度CS放送については、引き続き視聴が可能です。「新4K8K衛星放送」の視聴について、どの程度の居住者のニーズがあるか、また、改修工事にどの程度の費用がかかるか等を調査した上で、管理組合として検討を進めることが望ましいでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧