法律トラブル相談集

修繕工事

マンションの建替え手続きについて
 建物、設備の老朽化が進んでいます。役員のなり手もいない状態であり、今後、マンションの建て替えの検討を行う予定です。検討を進めるポイントについて教えてください。

answer

 2020年6月24日に改正マンション建て替え円滑化法が公布されました。老朽化が進み維持修繕が困難なマンション再生の円滑化のため、「マンション敷地売却事業の対象」と「容積率の緩和特例の適用対象」が拡大されることになっています。
●マンション敷地売却事業の対象の拡大
・外壁の剥落等により危害が生ずるおそれがあるマンション等を適用対象とする(従来は適用対象外)
・従来は全員同意が必要⇒同意要件が5分の4に緩和
●容積率の緩和特例の適用対象の拡大
外壁の剥落等により危害が生ずるおそれがあるマンションやバリアフリー性能が確保されていないマンション等を容積率緩和特例の対象とする(従来は適用対象外)
 また、団地型マンション再生の円滑化のため、一部棟が耐震性不足や外壁の剥落等により危害が生ずるおそれのあるマンションに該当する場合、敷地共有者の5分の4の同意によって敷地分割が可能となります。
 改正マンション建て替え円滑化法は、公布から2年以内に施行される見込です。緩和要件に該当する管理組合においては、検討及び総会決議のタイミングについて、管理会社に相談の上で進められることをお勧めします。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧