法律トラブル相談集

専有部分のトラブル

専有部分への立ち入りについて
 マンション居住者間の騒音トラブルについて、どのように対処すればよいでしょうか。

answer

 マンションをはじめとする集合住宅と生活騒音の問題は、切っても切れない関係にあります。
 生活騒音には(1)洗濯機・掃除機などの家庭用機器を原因とする騒音(2)扉・風呂などの住宅設備・構造を原因とする騒音(3)テレビ・オーディオ機器・楽器などの音響機器を原因とする騒音(4)話し声・ペットの鳴き声・足音などを原因とするその他の騒音とに区分されます。
 これらの生活騒音は、騒音の原因となっている側の居住者が、騒音を発生させぬよう工夫、対策をすることにより、周囲への影響を小さくすることが可能です。しかしながら、騒音被害を訴える居住者は、大きい音だけを騒音と感じるわけではなく、小さくても継続して鳴り続ける音を騒音と感じることもあります。どのような音を騒音と捉えるかは受け取る人によって異なる点が、騒音問題の難しさでもあります。
 円満に騒音問題を解決させるためにはさまざまな注意が必要です。騒音被害者が騒音加害者に直接注意をする場合、感情的になってしまうことにより問題解決に至らないこともあります。また、当事者同士の関係が悪くなることで騒音以外の大きな問題に発展することも少なくありません。そのような事態を避けるため、最初から直接クレームを言うことは避け、管理組合や管理会社に相談するとよいでしょう。相談を受けた管理組合・管理会社も、騒音の原因となっている居住者に最初から直接注意はせず、まずは居住者全体に向けた注意文を掲示して様子を見る場合が多いでしょう。掲示を行っても騒音が続く場合には、理事長や役員などの第三者が同席しての話し合いで問題の解決を図ることが望ましいでしょう。
 生活音は、生活の中で自然と発生するものであって、完全になくすことはできません。しかし、居住者間で互いの事情を理解し、騒音対策をとることにより、円満に問題を解決することも可能です。
 また、話し合いでも問題が解決しない場合は、訴訟を行うという方法もありますが、費用や手間などの大きな負担が掛かるだけでなく、当事者同士の関係が悪化し、また、最悪の場合、どちらかの居住者がマンションを退去するような事態にもなりかねないため可能な限り話し合いでの解決を推奨します。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧