法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理組合の役員をしています。私のマンションでは、各戸がそれぞれ電力会社と低圧電力の使用契約をしています。このたび、電気料金が割安となる高圧一括受電方式を私のマンションに導入しようと考えています。導入については総会で普通決議の承認をとることで足りるでしょうか。

answer

 まず、高圧一括受電方式を導入するためには、マンション共用部分の電気設備の変更が必要となります。そのため、規約に別段の定めがない限りは、区分所有法第17条第1項の「区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議」が必要と考えられるでしょう。
 さらに2016年4月以降の電力自由化により、居住者は個人の意思で自由に電力会社を選ぶことができます。そのため現在、自身に金銭的メリットの出る電力会社と個別契約をしている所有者の方もいると予想されます。このことから、区分所有法第17条第2項の「共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼすべきとき」に該当すると考えられるため、所有者全員の承諾も得ておいた方が良いでしょう。
 近年では電力の自由化に伴い、各戸によって電力契約についての考え方がそれぞれ異なることも予想されますので、総会の前に説明会等でメリット、デメリットを説明し、組合員の意思統一を図っておくことが望ましいでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧