法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理組合の理事長をしています。当マンションの管理規約には、「監事は、理事会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない」との条文があるのですが、監事が出席できない日に理事会を開催してはならないということなのでしょうか。当マンションの管理規約は、標準管理規約に準じています。

answer

 ご質問の条文は、平成28年3月の標準管理規約の改正により、変更された条文です。
 旧標準管理規約では、「監事は理事会に出席して意見を述べることができる」と、「できる規程」として定められていましたが、監事による監査機能強化のために、理事会への出席義務を課すとともに、必要があるときは、意見を述べなければならないとされたものです。
 なお、標準管理規約における理事会の成立要件は「理事の半数以上の出席」とされており(第53条第1項)、そこに監事の出席は含まれていません。したがって、監事が理事会に出席しないことは、理事会の成立及び決議の有効性に影響を及ぼすものではありません。
 監事の権限の明確化・監査機能の強化は、平成28年3月の標準管理規約改定の大きなポイントの1つで、理事による管理組合財産の横領事件等の多発を受け対応したものです。
 ご質問の条文の趣旨に則り、公正な組合運営を担保するために、監事が出席できない日に理事会を開催することはできるだけ避けるべきでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧